阿弥陀如来坐像(光背化仏)

  • 価格はお問い合わせください
型番 A3122
在庫状況 1

小さな阿弥陀如来坐像。光背化仏だったものでしょう。厨子、台座は後にしつらえたものです。顔の鼻の部分に痛みがありますが表情は充分鑑賞できる状態で、金の色、作行も古い様式のものです。厨子、台を制作する際に下部の蓮座を削って差込するようにしてあります。厨子は簡素なものではありますが坐像を邪魔しないもので好感が持てます。化仏・鎌倉時代、厨子及び台座・江戸〜明治時代。

国名 : 日本 
サイズ: 仏 縦 1.5 ×横 3.5 ×高さ 5.5、 厨子 縦 7 ×横 11 ×高さ 21(cm)