浄法寺高坏

型番 A3698
在庫状況 売約済 ありがとうございました

古格ある浄法寺の高坏。手で持ってみると驚くほど軽く、枯れきっているのが良くわかります。上部の皿の部分は非常に薄く挽かれており、バランスはどっしりした低めの安定感のある時代の上がる造形。皿の中央部分は漆が剥がれ木地が露出しておりますが、一部漆絵が残り、一般的な浄法寺の漆絵よりも数段丁寧に描かれ上手であることが容易に判断できます。色も浄法寺特有の黄色が主で、都作にはない独特の魅力を感じます。時代は桃山~江戸前期、17世紀までは充分上がるものと考えております。木地の変形、塗りの剥がれなどございますが、コンディションも含めこの高坏の魅力ではないでしょうか。

国名 : 日本 
サイズ: 直径 24.5-25 ×高さ 13-14(cm)